剪定のプロがお庭の問題を解決|樹木のケアを専門家に依頼しよう

環境を保つための選択

園芸用品

何よりも安全確保を

敷地内に大きな樹木の立つ家庭・企業はたくさんあります。しかし、成長していくにつれて日影を作ってしまったり、隣近所に枝が入り込むなど、伐採するか否かの判断が必要な時もあるのです。もし伐採を選択するのであれば、自前ですべて行うか、植木屋などの業者に依頼するか、どちらかを選択します。自前の場合は、通販などでチェーンソーの購入、またはレンタルサービスの利用も可能です。手軽なので便利といえますが、倒す方向を間違えば電線にかかったり建物を損壊してしまいます。そして何よりも、自身の身の安全だけではなく、周囲の人の安全を確保するのは、もっとも重要な注意事項です。伐採対象の樹高を図り、倒れた場合の距離も計算して、不安であれば迷わず業者へ依頼するのが無難といえます。また、すべてにおいて敷地内が前提、という部分にも注意すると良いでしょう。

高さの調整も可能

切り倒してその場から撤去するだけではなく、景観をなるべく変えずに、残すこともできるのが伐採の特徴です。切り倒す場合は、根を残すか、または抜根かの違いがあります。抜根については大きさによっても異なりますが、ある程度の知識と人員、そして専用の道具や重機が必要です。根を残すのは作業を軽減するためですので、切り株の状態のまま朽ちていきます。半分の高さくらいにまで切り落として、高さの調整を目的にしているのが半伐採です。この場合は樹木が生きているので、引き続きガーデニングで活用したり、垣根や防風としての役割も保持できます。業者へ依頼をした場合、樹高と料金が比例しているのも特徴です。先延ばしせず、早急に判断すると良いでしょう。